2010年01月18日

【新店】SOULFOOD NOODLES@京成大久保

P1186422.jpg


↓各ブログランキングに参加中!応援のクリックをお願いします!↓

人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」では今何位でしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ←「にほんブログ村」はこちらから!

←「ブロぐるめ!」にも参加しています!!

 京成大久保に今月出来たばかりの新店です。駅から商店街を真っ直ぐ進み、大学に突き当たる手前あたり。以前は「らーめん禅」というお店だったところを改装しています。「SOULFOOD NOODLES」というお洒落な店名の通り、スタイリッシュな空間になっています。こちらは同じ京成大久保にある「たいふう」の新業態です。

 何が「SOULFOOD NOODLES」なのかと言えば、その土地に根付いたいわゆる「ご当地ラーメン」や「街麺」を紹介していく店、というコンセプトだからだそうで、とりあえずその第1弾として、たいふうのツートップである野田さんの故郷、長崎の「長崎ちゃんぽん」と、相田さんの住む勝浦の「勝浦式タンタンメン」の2つを二毛作で出していくとのこと。そしてその時に屋号も変わり、昼の長崎ちゃんぽんの時は「龍王」として、夜の「勝浦式タンタンメン」の時は「KATSUURA BEACH STYLE」として営業します。

 まず昼の「龍王」。メニューは「長崎ちゃんぽん(写真)」(780円)「長崎皿うどん」(780円)の2種類。ちゃんぽんは大が880円で特大が980円。学生メンバーは大が780円。長崎皿うどんは2人前が1560円、3人前が2340円、4人前が3120円となってますが、これはそのまんまかけ算ですね。僕は長崎ちゃんぽん、皿うどんが大好きなので期待が高まります。特にチャーメン(皿うどん)は自宅でも良く作るほど。で、いただいた「長崎皿うどん」はとても満足が出来るモノでした。パリパリの麺はもちろん長崎から直送。皿うどんに欠かせないソースも当然チョーコー醤油の「金蝶ウスターソース」というのだから嬉しいじゃありませんか。

 そして昼の看板メニューである「長崎ちゃんぽん」。見るからに非常に美しく美味しそうなビジュアル。イカや海老などの海鮮類はもちろん、竹輪やカマボコ(長崎特有のはんぺん)も乗っています。色鮮やかなカマボコは長崎から取り寄せているものだとか。スープは化学調味料を使わず塩分が控えめになっています。人によっては味が薄いなどと感じてしまうかも知れませんが、しっかりとコクがあり素材の良さが感じられる美味しいスープです。

 そして驚いたのが麺。関東でちゃんぽんを食べてまずがっかりするのが麺なのですが、こちらの麺は本物のちゃんぽん麺を使っています。太くて丸いストレート麺はちゃんぽん麺独特の柔らかい口当たりとプツンと切れる食感。昭和初期に上海から伝わったとされる独特の製法によって作られるのがちゃんぽん麺で、一般的に使われるかん水とは違ったバランスの「唐灰汁」を配合することでこの独特の風味と食感になるのです。この「唐灰汁」こそが長崎独自のもので、かつ長崎でしか作れないもの。茹で過ぎでもコシがないのでもなく、これこそが正しいチャンポンの証なのですね。長崎新地中華街で半世紀以上続く老舗製麺所「三和製麺所」からの直送麺を使用しているそうです。

 手際良く野菜と海鮮を炒めてスープを投入し、そこに麺も入れて軽く煮込みます。長崎ちゃんぽんの製法を忠実に再現しているため、同時に作れる数に限りがあり時間がかかってしまうのだとか。回転が命のお昼時に果たしてどのようなオペレーションになるのかは分かりませんが、時間がかかるのを待ってでも食べる価値がある一杯だと思います。しかし関東流にアレンジされたちゃんぽんしか知らないお客さんに、果たしてこの食感の麺であったり化学調味料を使わない味が通じるのかどうか。そのチャレンジ魂を応援したいと思います。

【SOULFOOD NOODLES@京成大久保】

住所:習志野市大久保3-13-4
時間:11:00〜15:00(龍王)17:00〜23:00(KATSUURA BEACH STYLE)
定休:不定休


posted by Ricky at 15:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 習志野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。