2012年04月20日

船橋ソースラーメンプロジェクト

pos.jpg


 「船橋ソースラーメン」とは、醤油でも味噌でも塩でもなくソース味のラーメン。船橋市内でも出している店が数少なく、船橋市民でさえも知る人が少ない "幻のご当地ラーメン" です。戦後、船橋駅近くに創業した「花蝶」(閉店)が考案したとされるこのラーメン。現在では市内で数軒のみがメニューに残すのみとなっています。

 千葉のラーメン情報を発信するラーメンサイト「千葉拉麺通信」では、この知られざるラーメン文化を盛り上げたいと、船橋市内の人気ラーメン店と共に「船橋ソースラーメンプロジェクト」を立ち上げました。

 この呼びかけに集まったのは船橋駅周辺の人気ラーメン店5店舗。まずは4月20日〜5月31日までの期間限定で「船橋ソースラーメン」を提供し、その後プロジェクト参加店をさらに募り拡大し、各店でレギュラーメニューとして出せるようにして行きます。同時に、これまでソースラーメンを提供されていた本家のお店の方たちとも手を携えながら「船橋ソースラーメン」の活性化に務めて参ります。

 竹岡式、勝浦タンタンメンに続く「第3の千葉ご当地ラーメン」を目指して!ぜひ「船橋ソースラーメンプロジェクト」に応援よろしくお願いいたします!

Check

twitterやってます!フォローお願いします!


-----

【船橋ソースラーメンプロジェクトが考える、船橋ソースラーメンのルール】
 古くから根付くご当地ラーメンなので、その店ごとの解釈があることの否定はしませんが、本プロジェクトに参加する店の中で決めたルールは以下の3点です。

・ソース味のスープであること。
・ラーメンもしくはつけ麺のいずれかであること。まぜそばは不可。
・商品名は「船橋ソースラーメン」「船橋ソースつけ麺」のいずれかとすること。

【船橋ソースラーメンプロジェクト・キックオフメンバー(順不同)】
・荒木康勝(麺屋あらき竈の番人、戯拉戯拉 店主)
・竹内雄大(拉麺阿修羅 店主)
・橋本友則(三代目らーめん処まるは極 店主)
・黒川裕士(らーめんBAR963 店主)
・川崎隆一(千葉ラーメン拉通ra2 店主 ※応援参加)
・山路力也(フードジャーナリスト 千葉拉麺通信 主宰)

【船橋ソースラーメンプロジェクト・ラーメン提供店】
※販売期間:4月20日〜5月31日
※予定数終了など、お店の都合により提供が出来ない場合があります。

・拉麺阿修羅「船橋ソースラーメン」850円(平日は夜営業のみ。土日は終日販売)
・麺屋あらき竈の番人「船橋ソースラーメン」780円
・戯拉戯拉「船橋ソースつけ麺」830円
・ラーメンBAR963「船橋ソースラーメン」780円(数量限定販売)
・三代目らーめん処まるは極「船橋ソースラーメン」800円(11:00〜17:00限定販売)
・千葉ラーメン拉通ra2「船橋式〜船橋ソースラーメン」900円(数量限定)

【オフィシャルFacebookページ】
https://www.facebook.com/FunabashiSauceRaumen

ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」では今何位でしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ←「にほんブログ村」はこちらから!

←「ブロぐるめ!」にも参加しています!!
posted by Ricky at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
千葉ラーメン通信の更新が遅くなりましたね。店舗データも古いですね。
楽しみにしてますが、変化が無いと面白くないので頑張って下さい!!応援してますよ!!
Posted by ラヲ田家二郎チャンさん at 2012年06月28日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。